こんばんは。

雨が降らなくてよかったですね(^^♪

本日はLitheにあるピラティスマシン、キャデラックをご紹介させていただきますね(^_-)-☆

ピラティスマシンで、とても存在感のあるマシンですね。
アメ車のキャデラックのように、大きく様々な装備が整っていることからの
由来で、名前が付けられたようです。

このキャデラックだけでも総重量は150㎏を超えます(;^ω^)
組み立ても本当に大変ですね。

様々なエクササイズができ、その数は200種類以上あります。
でも、肝心なのは深層筋をいかに使っていけるかが大切になります。

エクササイズの1つ。

ロールダウンバーを使っての、ロールダウンロールアップ。

仙骨のカウンターニューテーションを促していきます。

(仙腸関節の運動には2種類あり、ニューテーションとカウンターニューテーション。カウンターニューテーションは、仙骨が後傾する運動です)

このエクササイズは、分節的な運動を行っていき、背骨全体の動きを引き出してくれます。

深層筋へのアプローチはゆっくりとした動き、呼吸は力を入れすぎず柔らかく。
表層筋が強い方は中々難しく、力が入りすぎてしまうところがあります。

プッシュスルーバーを使用してのプルダウン。(引く下げる)

肩関節の水平外転、水平内転。

肩甲骨も意識をしながらバーが胸の前に戻るときに
過剰に肩甲骨がより過ぎないことも大切です。

このように簡単な動きをゆっくりと、効率的な呼吸をしながら体幹を意識をして動いていきます。

そこから、徐々に接地面を減らし、関節の動きや箇所、可動域を増していき、ティ―ザーエクササイズへ。

この時も、注意をすることはたくさんあります(^^)/

集中して、ご自身の身体と向き合う時間。

とても贅沢ですが、たくさんの発見があって面白いですよ。

是非お問合せ下さいね☆