こんばんは!

コロナの状況も少しずつ感染者が増えており、ウイズコロナで自分たちでできる

対策はしっかり行いつつ乗り越えていきたいと思います。

さて、今日はピラティスで基本的なこと。

骨盤のニュートラルインプリントの違いです。

ピラティスをされた方なら1度は耳にしている文言だと思いますが、

違いを知っておられますか?

関わる筋肉

ニュートラル・・・腹横筋+腹斜筋+腹直筋(アイソメトリック収縮)

インプリント・・・腹横筋+腹斜筋+腹直筋(コンセントリック収縮)

アイソメトリック収縮(等尺性筋収縮)

関節は動かないが、少し力が入っている状態。

コンセントリック収縮(短縮性筋収縮)

筋肉が収縮しながら縮まること。

腹横筋は一番下。

腹斜筋は下から内腹斜筋、外腹斜筋となります。

ニュートラル・・・骨盤の中間位

三角形を作り人差し指恥骨

手首が腸骨(腰骨)の所へ当たる場所。

仰向けでこの三角形の面が床と並行

立位でこの三角形の面が床に対して垂直

が、骨盤のニュートラルポジションと言われています。

ピラティスではしきりに

「骨盤ニュートラルで」

「脊柱ニュートラルで」

ということを伝えていきます。

インプリント・・・やや骨盤が後傾 やや腰椎が屈曲

この「やや」がポイントとなります。わずかにということです。

インプリントを超えると、それは完全に骨盤の後傾位となります。

完全な骨盤の後傾になると、殿筋やハムストリングにスイッチが入りやすくなったり、

入ってしまうのでここは使い分けをしていきたいです。

👇インプリント行き過ぎ

動いてみます!!

👇 それでも3回目のインプリントは少し行き過ぎていると感じます・・・

👆  もうこれは完全な骨盤の後傾位となります。

こうなると殿筋やハムにスイッチがはいります。

インプリント&リリースのニュートラルとインプリントの動きでは

この骨盤の動きは欲しくないです。お腹の力だけで動いて

腹筋をコンセントリック収縮とアイソメトリック収縮と使い分け

骨盤を動かしていきたいです!!

人によってはニュートラルを維持できない人もます。

・腹筋が弱いかた

腹筋が強くなるまでインプリントで。腹筋が働きやすくなれば最終的には

ニュートラルのポジションで様々なエクササイズをしていきたいです。

ニュートラルのメリットって??

・身体に受ける衝撃を吸収してくれるポジションとなります。

なので、骨盤が前傾でもない、後傾でもない真ん中、中間位のポジションと

なります。

ただ、人によってこのニュートラルポジションはかわります。

例えば、男性の方で殿筋がすごく発達していれば、仰向けになったときは

腰が反り、自然とマットと腰の間に隙間ができます。

他にも背中を無理くりそらせて骨盤のニュートラルポジションを作るのではなく

仙骨を自然とマットに預けて、ポジションのセットをしていきたいです。

なので、インプリントになる方もおられますね。

腰が過剰に過緊張になるポジションはさけていきたいですね。

ニュートラルポジションとインプリントポジションを使い分けて

エクササイズを展開し、動けるお身体へと導いてあげたいです!!

岡山・倉敷ピラティスヨガスタジオ LitheMBライズエムビー